久留米絣の買取


久留米絣の買取

久留米絣,買取

 

久留米絣」は、

 

福岡県久留米市とその周辺地域で作られている伝統的な絣です。

 

藍染が主体となっており、

 

あらかじめ藍と白に染め分けた糸を使用して文様を表します。

 

久留米絣は、

 

伊予絣、備後絣と並んで日本三大絣の一つとされており、

 

久留米絣の技法は、

 

1957年に国の重要無形文化財に指定されています。

 

一時期は年間200〜300万反を生産していましたが、

 

着物文化の衰退と後継者の不足により、

 

久留米絣の生産数は激減しています。

 

それでも製品としての価値は非常に高く、

 

多くの人に好まれている絣の一つとなります。

 

1976年には、

 

通商産業大臣指定伝統工芸品に指定されています。


 

久留米絣の高価買取のポイント

 

久留米絣は重要無形文化財に指定される伝統ある着物となっています。

 

そのため、

 

1着からでもかなりの高価買取となるケースが多くなります。

 

しかし、

 

より高い買取価格を実現するために、

 

以下の点に注意するようにしましょう。

 

商品の状態が良いこと

 

多少シミや色落ちがあったとしても、

 

久留米絣であれば買い取ってもらえないということは無いと思います。

 

しかし、

 

買取価格はかなり落ちてしまいます。

 

自宅で眠っている場合は、

 

状態の良いうちに買取に出すことをおススメします。

着物買取専門店で買取査定を行う

 

久留米絣は値打ちの高い着物となっていますので、

 

リサイクルショップなどで売るのはもったいないです。

 

着物買取専門店であれば、

 

久留米絣としての価値が買取価格に反映されるので、

 

高価買取を実現することができます。

証紙は必ず添付すること

 

久留米絣は、

 

重要無形文化財に指定されるほどの着物となっていますので、

 

必ず証紙が付いてくるはずです。

 

着物の買取を行う上で、

 

証紙が付いているのと付いていないのとでは買取価格が全然違います。

 

証紙は産地や品質を保証する重要な紙となっていますので、

 

失くさないようにしましょう。

 

久留米絣の注意点

 

久留米絣は、

 

全ての着物が重要無形文化財の要件を満たしているわけではありません。

 

最近では、

 

機械化による大量生産とリメイク素材を使用したものなどもあり、

 

価格幅は大きくなっています。

 

重要無形文化財に指定される昔ながらの製法を使用したものに関しては、

 

かなりの値打ちとなりますが、

 

最近のものにおいては、

 

そうでないものもあるということを頭に入れておくようにしましょう。

 

関連記事