京友禅の買取

 

着物を高く買い取ってくれる

着物買取ランキングはこちら

京友禅の買取

京友禅,買取

 

友禅とは,、

 

布に模様を染める技法の一つとなっています。

 

日本においては代表的な染色法となっており、

 

その中でも京友禅は柔らかい色調と多彩な色に大きな特徴があります。

 

同じ友禅でも、京友禅、加賀友禅、東京友禅と種類があり、

 

それぞれに特色があります。


 

京友禅のはじまり

 

京友禅は日本の模様染めの代名詞としても使われるほど、

 

有名なものとなっています。

 

この京友禅は、

 

江戸時代の元禄期に誕生したとされています。

 

この頃、

 

京都に居を構えていた宮崎友禅斎の描く扇絵が、

 

人気を集めていました。

 

そこで友禅斎の描く画風を取り入れて作り上げた模様染めが、

 

友禅染の誕生となります。

 

さまざまな技術が集約された友禅染は、

 

ほぼ完成したものとされています。

 

京友禅の買取

 

京友禅は、

 

着物の代表格となっており、

 

着物買取専門店であれば、

 

買い取ってくれるケースが多くなります

 

その際には3つのことに注意するようにしましょう。

 

@着物の状態を確認する

 

着物の保存状態は、

 

買取価格を決める重要なポイントとなります。

 

新品であったり、

 

着用回数が少なくなるほど、

 

当然査定も高額となります。

 

無名の京友禅である場合は、

 

10年以内の着物であれば高価買取が可能となるケースが多くなります。

A生地の質、サイズなどを確認する

 

かつての京友禅は、

 

正絹を使用したもののみとなっていますが、

 

現代では化学繊維を使用したタイプも少なからず存在します。

 

着物買取の点においては、

 

正絹素材であることは絶対条件となっています。

 

化学繊維である場合も、

 

一部は買い取ってくれるケースがありますが、

 

価格は格段に下がってしまいます。

 

サイズに関しては、

 

大きめの方が買取価格が高くなります。

B証紙の有無を確認する

 

証紙とは、

 

織物工業組合が発行している、

 

品質や産地を証明する用紙の事です。

 

この紙が実は買取において非常に大切な要素となります。

 

有名産地や有名作家による友禅は、

 

必ずと言っていいほど証紙が付いてきます。

 

証紙があるのと無いのとでは、

 

買取価格も変わってきますので注意しましょう。

 

また、

 

京友禅には流行のデザインなども存在し、

 

時代によって買取価格が変わってくる場合もあります。

 

保存状態によっても値段は変わりますので、

 

自宅眠っている場合はできるだけ早めの査定が望ましくなります

 

リサイクルショップなどでも買い取りは可能となっていますが、

 

有名作家の作品など価値が高そうなものに関しては、

 

着物買取専門店での査定が最も効率的となります。

 

関連記事

 

 

着物を高く買い取ってくれる

着物買取ランキングはこちら