付け下げの買取

 

着物を高く買い取ってくれる

着物買取ランキングはこちら

付け下げの買取

付け下げ,買取

 

付け下げ」が生まれたのは戦時中とされ、

 

国民に質素な生活を命じた政府は、

 

訪問着の着用を禁止しました。

 

これにより、

 

訪問着の代わりとして、

 

一段落ち着いた印象を与える付け下げが生まれました。


 

付下げの特徴

 

付け下げの特徴は以下にようになります。

 

  • 左右の身頃や肩から袖に模様がつながらない
  • 模様全てが上を向いている
  • 飛び柄が多い

 

付け下げと比較されるものに訪問着がありますが、

 

こちらは仮縫いをして染められており、

 

反物として染められている付け下げとは明確な違いがあります。

 

これによりポイントとなる箇所に絵柄が描かれるケースが多く、

 

大人らしい上品な印象を生み出してくれます。

 

付け下げの用途

 

主に披露宴、

 

パーティー、

 

観劇、

 

同窓会などの、

 

少し改まった装いをする際に着用されることが多くなります。

 

質素な生活の中で社交着として着るために作られたという背景があるため、

 

訪問着よりも略式として位置づけられ、

 

訪問着と小紋の中間的な存在であるとされています。

 

しかし、現代においては訪問着と付け下げはほとんど同格となっています

 

付け下げの買取

 

付け下げは第2礼装として用いられることが多くなり、

 

使用頻度としては高めとなっています。

 

派手な着物ほど高いというわけではありませんが、

 

控えめな場で着るものとなっていますので、

 

価格の幅は広くなります

 

多くは「比較的安価」なものが多く、

 

あまり買取価格に期待できるものとは言えません。

 

それでも買取を希望している場合は、

 

以下の点に注意して買取査定に出すようにしましょう。

 

  • できるだけ多くの着物を一緒に査定に出す
  • 着物買取専門店を利用する
  • 保存状態に気を遣う

 

着物買取は、

 

一般的に多くの着物をまとめて出した方が、

 

高い買取価格」を実現することが可能となっています

 

付け下げは1着あたりの買取価格は安いですが、

 

たくさんの着物を一緒に出すことで、

 

思いがけない査定価格をたたき出す可能性もあります。

 

また、

 

現在の付け下げは訪問着と同格とされていますので、

 

昔と比べると着物としての価値も高くなりつつあります

 

着物の買取価格を左右する部分として、

 

その他にサイズや着物の素材があります。

 

化学繊維を使用した着物、

 

サイズの小さい着物は買取ができないケース」もありますので、

 

注意が必要です。

 

買取に出すお店としては、

 

リサイクルショップよりも、

 

着物買取専門店」の方が平均的に見て高くなる傾向にあります

 

関連記事

 

 

着物を高く買い取ってくれる

着物買取ランキングはこちら