信州紬の買取


信州紬の買取

信州紬,買取

 

長野県は蚕の国とも呼ばれるほど、

 

古くから養蚕が盛んな場所でした。

 

信州紬」の起源は、

 

奈良時代の織物である「あしぎぬ」であるとされており、

 

それが江戸時代になると、

 

盛んに生産されるようになりました。

 

草木が豊富に存在していたこともあり、

 

草木染めの技法もその頃に普及し、

 

現在の信州紬の礎が完成しました。


 

信州紬の特徴

 

信州紬は、

 

長野県全域で生産されている絹織物の総称です。

 

その中でも、

 

生産される地域によって、

 

さまざまな名前が付けられることがあります。

 

1975年には伝統工芸品に指定されています。

 

信州紬の特徴は、

 

渋い光沢と民芸的格調の高い染めにあるとされています。

 

古来より伝わる「草木染め」を採用し、

 

縞、格子、絣、無地調などの染めが行われています。

 

一反一反を手作業により織ることによって、

 

独特の風合いを出し、

 

素朴な印象を与えてくれます。

 

また、

 

草木染めは、

 

同じ色が二度と出ないと言われるほどに繊細な作業となっており、

 

これもあって信州紬は、

 

一点ものとしての価値の高さを生み出しています

 

生産体制の特徴として、

 

信州紬は一貫作業によって作られています。

 

着物の生産は、

 

それぞれが分業して生産を行う、

 

広域分散型を採用している場所が多くありますが、

 

信州紬は一つの企業が、

 

完成までの全工程を一貫して行います。

 

これによって、

 

同じ信州紬であっても、

 

企業の色がはっきりと出た、

 

独創性のある着物が多く見られます。

 

信州紬の買取

 

信州紬は、

 

完成までを一貫して手作業により行っているため、

 

非常に時間を要するものとなっています。

 

そのため、

 

着物としての完成度も非常に高く、

 

高値での取引が行われることがしばしばあります。

 

また、

 

伝統工芸品に指定されていることにより、

 

希少価値も非常に高いものとなっています。

 

信州紬において、

 

高い買取価格を実現するには、

 

天蚕糸」を使用しているか否かが重要となります

 

信州紬というだけでも、

 

高い買取価格は望めますが、

 

特にこの天蚕糸は、

 

価格面において重要な要素を握っています。

 

このような着物には、

 

必ずと言っていいほど証紙が付いていますので、

 

買取に出す際は証紙を一緒に出すようにしましょう。

 

同じ着物であっても、

 

証紙があるのとないのとでは査定に大きな違いが出てきます

 

信州紬のような、

 

着物としての価値が高い物は、

 

着物買取専門店などで買取を行う様にしましょう。

 

リサイクルショップなどで売るのも良いですが、

 

着物買取専門店の方が、

 

より高い価値を見出すことができます。

 

関連記事