加賀友禅の買取

最終更新日:2017年6月02日17時02分

加賀友禅の買取

加賀友禅,買取

 

友禅とは、

 

「糊で防染した、きもの模様の技法」

 

という意味であり、

 

これは創始者の宮崎友禅斎の名前からとられています。

 

友禅は模様の輪郭をなす防染のための糸目糊が最大の特徴となっており、

 

これによって友禅独自の美しさを生み出しています。

 

加賀友禅」は加賀藩の文化振興政策の庇護のもと、

 

他の友禅とは異なる独自の進化を遂げてきました。

 

桃山時代末期から江戸時代にかけて、

 

すでに200軒もの紺屋があったとされており、

 

染色技法が確立されたのは江戸元禄の時代となります。


 

加賀友禅の特徴

 

  • 絵画調の文様がある
  • 自然や古典をモチーフとした文様となっている
  • 多彩で加賀五彩と呼ばれる色を使用している
  • 虫食いやぼかしの技術を用いている
  • 下絵に青花を用いている
  • 染織後の加飾が少ない

 

これらの特徴によって、

 

加賀友禅で作られる着物の数々は、

 

実際に着た時、

 

はっきりとした違いを感じることが可能となります。

 

まずは羽織ってみることにより、

 

他の友禅とは異なる部分を、

 

肌を以て感じることができると思います。

 

加賀友禅の種類

 

加賀友禅は、

 

時代によって特徴が異なり、

 

大きく分類すると、

 

「江戸時代」「近代」「現代」に分けることができます。

 

江戸時代の加賀友禅

 

藍染、梅染、茜染などの無地染めが行われており、

 

加賀友禅の祖と呼ばれる宮崎友禅斎が活躍する以前から、

 

一陳糊の技法等は開発されていました。

 

加賀紋と呼ばれる家紋周りを花の丸などの絵紋様で飾るデザインが積極的に用いられており、

 

後に友禅染の技法の象徴ともなりました。

近代の加賀友禅

 

江戸時代後期は、

 

染織の大部分の図案がパターン化されていましたが、

 

金沢では紺屋棟取によって絵師がかかえられ、

 

その絵模様にもとづいて友禅が描かれました。

 

明治になると化学染料の開発によって、

 

量産が可能な型友禅の染色技法が生み出されました。

現代の加賀友禅

 

戦後になると、

 

奢侈禁止令によって、

 

加賀友禅のかなりの打撃を受けました。

 

しかし、

 

友禅技術の進歩によって、

 

大量生産が可能となり、

 

現在でも多くの加賀友禅作品が生まれています。

 

加賀友禅の買取

 

加賀友禅は、

 

現代においても積極的に作られています。

 

草花や自然をモチーフとしたデザインが大きな特徴となっており、

 

加賀友禅の着物を好む方は多くいます。

 

加賀友禅は高い技術を必要とするもので、

 

職人によってその価値は大きく異なります

 

型友禅」など大量生産を目的としたものは、

 

比較的価格が減少する傾向」にありますが、

 

他の着物と比較すると、

 

平均的な買取価格は高くなります

 

関連記事

 

ペタ丸おすすめ!着物買取専門店!

加賀友禅,買取

  • 当サイト1番人気
  • 24時間受付
  • 全国対応(一部地域を除く)!
  • 出張買取も可能!
  • 最短30分でご自宅に訪問!
  • 即現金化
  • 幅広い種類の買取に対応!
  • 査定員100人、コールセンタースタッフ約70人で査定対応!
  • 見積り料、出張料、査定料、予約後のキャンセル料が全て無料

買取プレミアム」とは、

買取を専門にしている専門店で、

着物以外にも切手や古銭、ブランド品などの買取もしています。

買取を軸に活動している専門店なので、

高価買取」はもちろん、

査定〜買取までの流れもスムーズにこなしてくれます。

着物買取は、

都会では活発ですが、

地方にはまだまだ普及していない状態です。

そのため、地方に住んでる人ほど買取査定が難しい傾向があります

しかし「買取プレミアム」は違います。

全国対応」で「出張買取」もしてくれるので、

重い着物をわざわざお店に運ぶ必要がありませんし、

その場で査定&現金化してもらえます。

他の買取専門店と比べても、

柔軟で幅広いサービスが期待できます。

また、実際に買取価格が判明するまで、

一切の費用がかかりません。

中には「初期費用」を躊躇って着物買取を諦めてる人もいるでしょう。

そんな人でも気軽に利用することができます。

買取プレミアムのレビュー記事はこちら!