単衣の買取

 

着物を高く買い取ってくれる

着物買取ランキングはこちら

単衣の買取

単衣,買取

 

単衣(ひとえ)」とは、

 

裏地のない和服の事を指します。

 

主に6月と9月の季節の移り目に着られることが多くなります。

 

着物には大きく分けて、

 

「袷の着物」と「単衣の着物」と「夏着の着物」があります。

 

反物を仕立てる際、

 

裏地を付けるものを袷、

 

付けないものを単衣の着物と区別されます。

 

単衣の着物は裏地がないため、

 

座ったときなどにヒップラインが目立たないよう、

 

居敷当てという生地を付けることもあります。

 

一般に夏着物は買取が難しいケースがあります

 

これは夏着物は安価なものが多かったり、

 

正絹素材以外の着物が多数みられたりするためです。

 

多くの着物買取専門店では、

 

夏着物であっても買取を行うことは可能となっていますが、

 

一部では買取を断られる可能性がある

 

ということは念頭に置いておく必要があります。

 

ただし、

 

単衣が買取にくいわけではなく、

 

あくまで素材や仕立て方によります。

 

そのため、

 

単衣であっても高価な買取価格を行っているものはたくさんあります


 

単衣の買取

 

単衣は、

 

比較的気軽に着るものであるため、

 

値段的にも安い物」が多くなります

 

しかし、

 

単衣によっては高価なものもありますので、

 

決して悲観的になる必要はありません

 

買取を行う際は、

 

以下の点に気を付けるようにしましょう。

 

  • 保存状態が良いこと
  • サイズの大きな着物であること
  • 着物買取専門店で買取を行うこと

 

保存状態に関しては、

 

単衣の場合、

 

あまりにもシミや傷が目立つ場合は、

 

買取を断られる可能性があります。

 

ですが、

 

着物買取専門店であれば、

 

リサイクルショップなどよりも、

 

買い取ってもらえる可能性は高くなるので、

 

希望を捨ててはいけません。

 

古い単衣であっても、

 

買取を行うことは可能となっていますが、

 

10年以上経過している着物は、

 

一般的に買取価格の下落、

 

または買取ができないことがあります。

 

自宅に眠っている着物がある場合は、

 

なるべく早く買取に出すことが大切です。

 

サイズに関しては、

 

大きいほど買取価格は高くなりやすくなります。

 

サイズが小さいと、

 

外国人需要に対応できない場合があるので、

 

なるべく大きい方がベストです。

 

また、

 

価値のあまり高くない単衣を多数持っている場合は、

 

まとめて査定に出すといいです

 

着物買取は、

 

多いほど査定価格もアップしやすくなります。

 

以上のことに気を付ければ、

 

単衣であっても、

 

十分な買取価格を実現できるかもしれません。

 

関連記事

 

 

着物を高く買い取ってくれる

着物買取ランキングはこちら