博多織の買取

 

着物を高く買い取ってくれる

着物買取ランキングはこちら

博多織の買取

博多織,買取

 

博多織」では、

 

経糸をたくさん使用し、

 

細い糸を撚り合わせた太い緯糸を力強く打ち込むことによって、

 

経糸を浮かせて模様を生み出します。

 

これによって厚地で丈夫なく絹織物となり、

 

帯地に適しています。

 

結んだい帯が緩まず、

 

解きやすいという特徴は、

 

単に博多織の模様が美しいだけでなく、

 

機能性を兼ねそろえていることを証明しています。

 

このような機能性から、

 

かつては主に男性用として重宝されていましたが、

 

現代においては女性用の様々な帯も作られています。

 

博多織にはいくつかの種類があります。

 

博多織で最も有名な柄は、

 

献上博多と呼ばれるもので、

 

江戸時代、

 

幕府に博多織を献上したことから、

 

この名が付けられています。

 

線の太さを、

 

親と子に見立てた献上博多の柄には、

 

厄除けや家内繁盛の意が込められています。

 

大和錦は、

 

3つの巻芯の経糸で織る特殊なジャガード織機を使用した博多織です。

 

経糸で細かい模様を表現することが可能となっており、

 

肌触りもとても良い物となっています。

 

さらに博多織にはたくさんの色彩があります。

 

主に青、赤、紫、黄、藍で構成される色は、

 

あらゆる現象の基となる、

 

「木・火・土・金・水」の森羅万象を表しています。

 

それぞれの色には深い意味が込められています。


 

博多織の買取

 

博多織は、

 

帯の中でも非常に有名なものとなっており、

 

買取数も非常に多いです

 

そのため、

 

1点からでも買取が可能となります。

 

博多織を高く買い取ってもらうためには、

 

以下の点を意識してみましょう。

 

証紙を見てグレードを確認する

 

博多織と言えば、

 

献上柄が有名ですが、

 

博多織にもいくつかのグレードがあり、

 

それは証紙によって判別することが可能となっています。

 

平成23年以前は、

 

金、銀、紫、青の4種類の証紙があり、

 

それによって本絹の使用率などが異なってきます。

 

現在では金、青のみとなっており、

 

金の場合は正絹を50%以上使用していることの証明となります。

着物と一緒に買取に出してみる

 

博多織は帯となっていますので、

 

着物と一緒に査定に出すことによって、

 

買取価格を上げることもできます。

 

着物の方が安物であっても、

 

博多織と一緒なら買取を行ってくれるケースもあります。

 

まずは、

 

自宅にある着物関連の商品は、

 

一通りまとめて査定に出すようにしましょう。

 

柄にも種類がありますが、

 

最も高い買取価格となるのは献上柄となっています。

 

帯の価値が分からない場合でも、

 

まずは証紙を確認したり、

 

無料査定を利用して価値を確かめてみると良いと思います。

 

関連記事

 

 

着物を高く買い取ってくれる

着物買取ランキングはこちら