友禅の買取

 

着物を高く買い取ってくれる

着物買取ランキングはこちら

友禅の買取

友禅,買取

 

友禅」という言葉を一度は耳にしたことがあるという方は多いと思います。

 

友禅とは友禅染で有名な着物の着色方法の一つです。

 

白生地に下絵を描いた後、

 

糸目糊でそれをなぞり、色を挿していきます。

 

染め上がった図柄の上に伏せ糊をして地色を染め、

 

糊を落として完成になります。

 

絞り染めや型染めと比較して自由に図柄を描くことができるこの方法は、

 

絵を描くように染める人の感性を忠実に再現することがでる染色方法です。


 

高価買取のコツ・日本三大友禅

 

友禅はそれだけで高価買取のポイントとなりますが、

 

中でも「日本三大友禅」と呼ばれる友禅染は、

 

歴史や伝統のある方法で、

 

より高い買取を期待することができます。

 

東京友禅

 

東京で染めらている友禅染で、

 

華やかな京友禅に対して東京友禅はモダンなデザインが大きな特徴となっています。

 

染めの工程が京友禅とは異なり、

 

構想図案から仕上げに到るまでを多くが一貫作業で行われます。

 

当時の江戸は武家中心の文化であったため、

 

落ち着いた色合いの友禅染が人気を博したと言われています。

京友禅

 

友禅の中でも多色使いで華やかなデザインが多く見られます。

 

友禅の元祖ともいえるもので、

 

扇絵師の宮崎友禅斎によって考案されたとも言われています。

 

明治時代になると、

 

型紙で友禅模様を染める写し友禅が考案され、

 

大量生産が可能となり、

 

多くの人が手にすることのできる品となりました。

加賀友禅

 

石川県金沢市を中心とした友禅染で、

 

加賀五彩と呼ばれる藍、黄土、臙脂、緑、墨を基調色としています。

 

先ぼかしや虫食いの表現が特徴的な友禅染で、

 

京友禅や東京友禅とは異なる重厚なデザインが印象に残ります。

 

友禅染は基本的に高価買取可

 

友禅染はその仕上がりの美しさから高額なるケースが多くなります。

 

しかし、現代では写し友禅と呼ばれる型を使用した友禅染も多く見られます。

 

高価買取を実現するためには、

 

まず「手描き友禅であることが重要なポイント」となります。

 

友禅染のデザインは地方によって異なりますが、

 

それぞれが伝統ある染め物となっているため、

 

値段の変動は比較的小さくなります。

 

高価な友禅はそれだけ綿密なデザインとなっており、

 

着物が分からない方にもその良さが十分伝わると思います。

 

友禅染は多くが伝統工芸品としての地位を確立しており、

 

証紙などが付いているケースが多くなります。

 

もし、友禅を「無料査定」に出す場合は証紙などを一緒に出すことを忘れないようにしましょう。

 

関連記事

 

 

着物を高く買い取ってくれる

着物買取ランキングはこちら