反物の買取

 

着物を高く買い取ってくれる

着物買取ランキングはこちら

反物の買取

反物,買取

 

反物(たんもの)とは一反に仕上げてある織物のことを指し、

 

着物はこの反物から作られています。

 

呉服店などで「巻物のように置かれている織物」を目にしたことがあるという方もいると思いますが、

 

それが反物となります。

 

通常反物1反につき、長着または羽織を1着作ることができます。

 

ここで「反」とは生地の長さを表す単位となります。

 

しかし、1反にもさまざまな規格があり、必ずしも同じ長さとは限りません。

 

例えば46m規格の場合は46m前後、50m規格は50m前後となり、

 

生地の種類によって大幅に異なってくる点には注意が必要になります。


 

反物を購入することのメリット

 

柄が多い

 

例えば男性の場合は、

 

「無地の着物」が定番となっていますが、

 

その影響で「柄着物」を購入する際に、

 

レパートリーが少なくて困ってしまうことがあります。

 

最近では男性でも「柄物」を着用する機会が多くなっており、

 

柄の選択肢を増やすために、

 

反物(着物になる前の状態)から選ぶ方が増えてます。

 

そのため、反物状態の方が圧倒的に種類が豊富で、需要もあります。

 

自分にぴったりのサイズを仕立てることができる

 

仕立て上がりの着物を購入する場合、

 

ある程度サイズが定まっており、その中から選ぶしか方法がありません。

 

しかし、反物で購入する場合は、

 

仕立て具合によって自分にピッタリの着物を手に入れることができます。

 

自分に合ったサイズの着物を着ることは、着心地の向上、

 

および疲れにくいというメリットを生み出してくれます。

 

いつでも仕立てることができる

 

自分の気に入った柄の反物を購入しても、すぐに仕立てる必要はありません。

 

自宅で保管しておき、必要に応じて仕立てることができます。

 

ただし、仕立てるのに1か月以上は要するので、

 

必要になる場合は早い段階で仕立ての依頼をする必要があります。

 

反物の買取

 

反物は「仕立て前の織物」となっているため、

 

安定した買取価格」を実現することができます。

 

例えば「仕立て済みの着物」は精巧な作りとなっていれば着物としての付加価値が付きますが、

 

サイズが決まってしまうため、

 

場合によっては安い買取価格となってしまうこともあります。

 

反物も素材やデザインによって価格は変わってきますが、

 

ある程度きちんと保管されていれば買取を行ってくれるケースが多くなります

 

気に入って購入した反物も、

 

結局仕立てずに保管したままになっている」という方もいると思います。

 

保管したままではもったいないので、

 

もう必要ないという場合は、「無料査定」に出すことをおすすめします。

 

関連記事

 

 

着物を高く買い取ってくれる

着物買取ランキングはこちら