名古屋帯の買取


名古屋帯の買取

名古屋帯,買取

 

着物を着る上で必需品となるものに「」があります。

 

そんな着物の帯には種類があります。

 

種類によってデザインや形が異なるだけでなく、

 

格なども変わってきますので、

 

場面や着物に応じて帯を変えることは必要になります。

 

また、帯には以下のものがあります。


 

名古屋帯とは?

 

  • 袋帯
  • 丸帯
  • 名古屋帯
  • 半幅帯
  • 角帯
  • 兵児帯(へこおび)

 

袋帯は、

 

一般的にフォーマルな場で使用される帯となりますが、

 

名古屋帯」は、

 

それよりもカジュアルな場面で使用されることが多くなります

 

名古屋帯は、

 

袋帯を簡略化したものとなっていますので、

 

正装には向きません。

 

しかし現代においては、

 

金糸や箔がデザインされている名古屋帯も登場しており、

 

フォーマルな場でも着用することのできるものがあります。

 

名古屋帯の形

 

名古屋帯の中でもいくつかの形や種類があります。

 

名古屋仕立て

 

胴に巻く所から手先まで、

 

半分に折って仕立てられています。

 

名古屋帯の中でも最も一般的とされるものです。

松葉仕立て

 

手先のみを半分に折って仕立てられた名古屋帯です。

おそめ仕立て

 

手先まで半分に折らずに、

 

お太鼓の幅で仕立てられています。

 

袋帯と同じ形となっています。

 

名古屋帯の買取

 

帯は着物によって変える必要があり、

 

着物と同様に需要は高くなっています。

 

特に名古屋帯はカジュアルな場で使用されることが多く、

 

着用する機会は多めとなります。

 

しかし、

 

名古屋帯にもさまざまあり、

 

有名作家などの作品の方が買取価格は高くなります

 

名古屋帯の買取価格が高くなるポイントは以下になります。

 

  • 手織りの名古屋帯であるということ
  • 有名作家による作品
  • 保存状態が良いということ

 

名古屋帯は、

 

カジュアルな場で使用されるため、

 

需要は高いのですが、

 

イメージとしては手ごろな価格というのが現状です

 

ブランド物でない一般的な名古屋帯である場合、

 

買取を断られる可能性もあります

 

少しでも買取価格を上げたい場合は、

 

着物買取専門店」で買取を依頼するようにしましょう。

 

保存状態が良いことは絶対条件となりますが、

 

それ以外にもまとめて買取を依頼したり、

 

着物などと一緒に買取に出すことによって、

 

買取価格向上を図ることができます

 

ブランド物の場合、

 

一点で数万円の買取価格となりますが、

 

一般的なものである場合、

 

着物は一式揃っていたほうが買取価格も高くなるものです。

 

自宅に帯が眠っている場合は、

 

買取に出してみるというのも一つの手となります。

 

関連記事