呉服の買取

 

着物を高く買い取ってくれる

着物買取ランキングはこちら

呉服の買取

呉服,買取

 

呉服は古代の中国の国「呉」から伝わった織物のことを指します。

 

昔、呉服は「くれはとり」と呼んでおり、「呉織」とも書かれました。

 

「くれ」は「呉」を指し、

 

「はとり」は「機織(はたおり)」が変化したものです。

 

この「呉服」が音読されたものが「ごふく」となります。

 

呉服の本来の意味は上記のことから服ではなく、「織物(反物)」を指します。

 

しかし、現代において織物と呉服は同じ意味合いで使われています。


 

使わなくなった呉服は買取に出せる

 

呉服の買取はどこでも行ってくれるわけではありません

 

リサイクルショップ」などでは一部買取を行ってくれるお店もありますが、

 

買取価格はどうしても安くなってしまいます。

 

呉服は良い素材を使用していたり、

 

有名作家がデザインしたものであったりすると思わぬ高値で買い取りしてくれるケースがあります。

 

しかし、それを実現するには着物の質を本当に理解しているお店で買取を行う必要があります

 

一般的に着物の買取専門店」で買取を行うと、他の買取専門店と比較して着物の買取価格が高くなる傾向にあります

 

自宅に眠っている古い呉服であっても、

 

保存状態が良ければ高値で買い取りしてもらえることは良くあることです。

 

呉服を高く買い取りしてもらえるポイント

 

呉服を高く買い取りしてもらうポイントとして、次のものが挙げられます。

 

@サイズの大きい呉服
A生地の素材
B有名作家のブランド品
C保存状態が良いこと

 

サイズが大きいほど、

 

生地の重量が大きくなりますので買取価格は必然的に上がることになります。

 

素材に関しては「正絹」以外の素材は「買取が難しくなるケース」があります。

 

最近では化学繊維を使用した呉服というのもたくさん出ており、

 

買取を行う際は注意が必要になります。

 

また呉服の買取価格は流行に左右される部分もありますが、

 

有名作家がデザインした呉服や流行に左右されない古典柄などは買取価格が変動しにくく、

 

かつ高値である傾向にあります。

 

このような呉服は通常「証紙」と呼ばれる産地や作家を証明する紙が付いています。

 

買取を行う際は、これが付いているか否かでも値段は変動します

 

古典柄でない場合は、流行を気にしつつ買取を行った方が良くなります。

 

呉服は普段着ることも少なく、家のタンスに眠っているという家庭も多く見られると思います。

 

今では処分するにもお金が必要になる時代ですので、

 

不要だと感じたら一度「無料査定」に出してみるというのも一つの手となります

 

関連記事

 

 

着物を高く買い取ってくれる

着物買取ランキングはこちら