和服の買取

 

着物を高く買い取ってくれる

着物買取ランキングはこちら

和服の買取

和服,買取

 

和服という言葉には「着物」や「呉服」など類似する言葉がたくさん見られます。

 

和服という言葉は明治時代に西洋から洋服の文化が伝わることによって生まれました。

 

それまでの日本人は着物が一般的な着衣であり、

 

この頃は和服という言葉はありませんでした。

 

洋服、呉服の到来とともに日本元来の服を「和服」と呼ぶようになったことが始まりとなり、

 

和服と着物は本来同義であると言えます。


 

和服の買取で思わぬ値段が付くものも

 

和服はブランドや状態によって値段がかなり変わってくるものです。

 

値段の基準は普通の衣服と同じで、

 

まず新品で未着用などのもの、使用回数が少なくきれいなものであるほど高価買取になりやすい傾向があります

 

目安として「購入してから10年以内の和服」であればある程度の価格で買取が行われます。

 

また、和服はサイズが大きいほど買取価格が高くなります

 

この理由としてサイズが小さすぎると着られない方が多く、需要が少ないためです。

 

特に最近では「海外の方」による和服の注目度が高くなっており、

 

海外向けに仕入れるというお店も多くなってきています。

 

日本人は小柄な体つきの人が多い分、

 

和服のサイズが大きいと海外の方への需要にも対応することができ、

 

買取価格も高くなる傾向にあります

 

和服の素材に関しては「正絹」でないと高い買取に期待することはできません。

 

古い和服は正絹素材が多くなりますが、

 

比較的新しめの和服の中には、ウールや化学繊維で作られたものも多く見られます。

 

ウールや化学繊維で作られる和服は、最悪原料としての買取となることもあります。

 

和服(着物)の種類でも値段は変わってくる

 

着物にはいくつか種類があるのですが、

 

その中でも「訪問着」が最も高価買取となります。

 

以降は「振袖」>「紬」>「留袖」>「小紋」>「帯」という順番で査定の価格が下がっていくことになります。

 

和服は正絹などの素材を使用しているため、

 

どんなにきれいに保管していても、長い年月を経るうちに劣化することがあります。

 

そのため、使用しないのであればなるべく早く買取に出した方が高い査定を受けることができるため、

 

お得になります。

 

新しい和服を買いたい時、

 

保管をするのが面倒だと感じた時には、

 

思い切って「無料査定」に出してみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

 

 

着物を高く買い取ってくれる

着物買取ランキングはこちら