帯の買取

 

着物を高く買い取ってくれる

着物買取ランキングはこちら

帯の買取

帯,買取

 

着物と同様、にも種類と格が存在します。

 

着物の種類や色に応じて帯を変えることにより、

 

一段と格を向上させることが可能となっています。


 

袋帯

 

袋帯は最も格が高いとされる帯です。

 

幅約31cm以上×長さ約4m30m以上で、

 

フォーマルな場面〜カジュアルな場面で使用することができます。

 

金や銀が織り込まれたものは礼装や正装に使用し、

 

軽めの柄のものはおしゃれ着や普段着に結ぶなどして使い分けることが可能となっています。

 

名古屋帯

 

結びやすさが魅力的な帯です。

 

幅約30cm×長さ約3m60cm程度で、

 

セミフォーマルな場面〜カジュアルな場面で使用することができます。

 

肩から胸、袖を通り裾まで胴になっている部分が半幅になって扱いやすいという特徴を持っている反面、

 

太鼓が一重の分、長さは短くなっています。

 

半幅帯

 

最も扱いやすい帯で、主にカジュアル用途で使用されます。

 

幅約16cm×長さ約3m80cm以上で、さまざまなバリエーションがあり、

 

柄によってはセミフォーマルで使用することも可能となっています。

 

浴衣などにもよく使用される帯です。

 

帯単体でも買取は可能

 

帯はシーンによって使い分けることが多いため、

 

単体でも買取を行ってもらえる」ことが多くなります。

 

着物の付属品というイメージから「買取価格は安いのではないか?」と思う人も多いかもしれませんが、

 

物によっては紬や小紋などと同等の価格で買取を行ってもらえることもあります

 

帯の種類によっても買取価格は異なり、

 

一般的に「袋帯などの格の高い帯」ほど買取価格も高くなる傾向にあります

 

帯を高価買取するコツ

 

帯にも種類がありますので、高価買取のコツは着物と同じです。

 

有名作家による作品
・各地の有名な染織物
素材が良く、保存状態が良い

 

上記に該当する場合は、帯であっても高価買取を期待することができます。

 

また、帯であっても高級なものは着物と同様に「証紙」が貼付されます。

 

買取の際にこれを一緒に出すことによって買取価格をアップさせることができます。

 

着物を買取に出した結果、帯だけが残ってしまった

 

場面に応じた帯を締めるためにたくさん帯を持っている

 

など、帯だけが残ってしまうケースは意外にもあるようです。

 

帯だけでは買取に出せないということはありません。

 

むしろ着物と同等の買取価格となる場合もありますので、

 

気になる方は一度「無料査定」に出してみると良いと思います。

 

自宅に眠っている帯があれば、積極的に買取に出しましょう。

 

関連記事

 

 

着物を高く買い取ってくれる

着物買取ランキングはこちら