帯締めの買取

 

着物を高く買い取ってくれる

着物買取ランキングはこちら

帯締めの買取

帯締め,買取

 

帯締めとは、和装小物の一種で、

 

組紐でできた「帯が崩れないように締める紐」のことを指します。

 

帯や着物と同様に色や柄、組み方などさまざまなものがあり、

 

場面に応じて使い分けることが必要になります。

 

帯を締めるだけでなく、

 

着物を引き立てるための要素して帯締めはとても大切なものです。

 

現在の帯締めは「手組」と「機械組」の2種類に分類することができます。

 

手組」は伝統工芸品としての位置づけがあり、

 

その美しさと品格から帯締めとして最高級品となっています

 

一方で「機械組」の帯締めは手組と比較すると一段劣る部分もありますが、

 

技術の進歩に従って精巧で繊細なデザインを作ることが可能となってきました。


 

帯締めの歴史

 

帯締めの歴史は古く、奈良時代にまでさかのぼることになります。

 

その頃に唐の国の技術を学ぶことにより帯締めは使われるようになったのですが、

 

当時は大衆の人にまで浸透することはありませんでした。

 

一般の人が帯締めを使用するようになったのは江戸時代になってからで、

 

羽織の紐や袋物の紐に使用されるようになりました。

 

その後、明治の廃刀令が出されると刀の下緒の組紐を帯締めとして使用する文化が定着しました。

 

帯締めの買取

 

帯締めは帯の形を崩さないように押さえるものですので、

 

帯結びの形を決める重要な役割を担っているものです。

 

そのため、「着物を着る上では必ずと言っていいほど必要になるもの」です。

 

そのため、着物などと同じように需要が高く、買取も積極的に行われています

 

買取価格に関しては「帯締めの質」によって左右される部分があります。

 

特に「手組の帯締め」は工芸品としての付加価値も高く、

 

高価買取を望める可能性もあります

 

また、「帯締め単体での買取」もほとんどの場合「可能」となっています。

 

帯締めと言ってもデザインや織り方、色などさまざまなものがあります。

 

特にデザインには流行性があり、

 

「華やかな帯締め」は時代によって買取価格が変動しやすくなっています。

 

一方で「手組の帯締め」はアンティーク調が多く、

 

買取価格も時代を問わず安定する傾向があります

 

今では日本人が着物を着る機会はめっぽう少なくなってきています。

 

しかし、それでも着物の需要は世界で広がる傾向にあり、

 

着物の取引はたくさん行われています。

 

自宅に眠っている帯締めなどがある場合は、

 

無料査定」に出してみると意外な価格を提示されるかもしれません。

 

関連記事

 

 

着物を高く買い取ってくれる

着物買取ランキングはこちら