弓浜絣の買取

 

着物を高く買い取ってくれる

着物買取ランキングはこちら

弓浜絣の買取

弓浜絣,買取

 

江戸時代前期に、

 

農家の主婦たちが木綿織の傍ら、

 

仕事着、晴れ着、布団の生地を織り上げた絣織りの技術は、

 

江戸時代末期に最盛期を迎えることになります。

 

弓浜絣」は、

 

絵絣としてはかなり有名で、

 

倉吉絣、広瀬絣とともに山陰の三絵絣の一つとされています。

 

1975年には国の伝統工芸品に指定、

 

1978年には県指定無形文化財に指定されています。

 

江戸時代末期から明治にかけては多くの織元があり、

 

戦後の後継者不足によって、

 

弓浜絣はその存続自体が厳しい物となりました。

 

絣そのものもが、

 

時代が進むにつれて人気の低下を呼び、

 

需要も自然と減ることになります。

 

それでも少数ではありながら、

 

現在でも質の高い絣として、

 

一定の知名度を維持しています。


 

弓浜絣の特徴

 

化学繊維の発展と共に、

 

弓浜絣は衰退の一途をたどってきましたが、

 

現在でも地方では積極的に織り上げられています。

 

絵柄の素朴さとざっくりとした風合い」が大きな特徴となっており、

 

万人に愛される落ち着いたデザインとなっています。

 

また、吸湿性、吸水性に優れており、

 

織物としての利便性も非常に良い物となっています。

 

弓浜絣の買取

 

弓浜絣の制作には、

 

材料となる伯州綿の繊維が短く、

 

加工に高い技術を要します。

 

そのため、

 

現在生産数は非常に少なくなっており、

 

希少価値の高さも値段に反映されています

 

素朴なデザインは、

 

今現在においても愛され続けており、

 

高い需要を誇っています。

 

国の伝統工芸品に指定されるほど、

 

その加工方法、技術は高い物となっています。

 

そのため、

 

三大絵絣の一つである弓浜絣」は、

 

それだけで高い買取価格を期待することができるのです

 

弓浜絣の買取を行う際に注意すべき点は以下のようになります。

 

証紙は付いているか

 

三大絵絣と呼ばれるほどですので、

 

弓浜絣を証明する証紙は必ず付いているものです。

 

買取を行う際は、

 

これがあるのとないのとでは価格に大きな差が出てしまいます。

保存状態は良好か

 

素朴で奥深いデザインであることから、

 

流行などの影響を受けにくく、

 

デザインによる価格への影響はそこまでありません。

 

その分、

 

保存状態は非常に大切となります。

 

絣そのものは、

 

現代の日本人にとって、

 

あまりなじみのないものとなってしまったのも事実です。

 

しかし、着物にはいつでも一定の需要があるのは確かです。

 

特に最近では海外の着物需要が高くなってきており、

 

需要は高くなる傾向にあります

 

そのため、

 

高級着物もそれに応じて、

 

高い買取価格を実現することが可能となっています。

 

関連記事

 

 

着物を高く買い取ってくれる

着物買取ランキングはこちら