村山大島紬の買取


村山大島紬の買取

村山大島紬,買取

 

現在の東京都武蔵村山市周辺では、

 

昔から絣の生産が行われていましたが、

 

群馬県伊勢崎市から板締の技法が伝えられると、

 

本場大島紬を模した、

 

村山大島紬」がさかんに生産されるようになりました。

 

村山大島紬の位置づけは、

 

本場大島紬よりも安価で、

 

普段着用として位置づけられていました。

 

その後、

 

1948年に村山織物協同組合が成立すると、

 

村山大島紬のブランド化に努めるようになりました。

 

高度経済成長期においては、

 

村山大島紬の需要は非常に大きかったのですが、

 

着物としての需要が次第に低くなり、

 

生産数も減ることになります。

 

その分、

 

現在の村山大島紬は、

 

希少価値の面では非常に価値の高い着物となっています


 

大島紬と村山大島紬の違いとは?

 

大島紬と村山大島紬は非常によく似ていて、

 

一見すると、

 

その違いを理解できない方も多くいます。

 

村山大島紬とは、

 

東京都武蔵村山市付近で生産されている絣織物で、

 

大島紬を模して造られています。

 

本場大島紬を模して作っている紬は他にもいくつかありますが、

 

村山大島紬の特徴は、

 

文様の彫刻を施した木の板を用いて染める、

 

板締めの技法を使用している点にあります。

 

これは本場大島紬では行っていない技法となっています。

 

村山大島紬の買取

 

村山大島紬は、

 

一つのブランドとして確立しており、

 

通常の紬と比較しても、

 

高い買取価格を期待することができます。

 

本場大島紬を模して作られているということもあり、

 

非常に高い質である点に大きな特徴があります。

 

村山大島紬を少しでも高く売るためには、

 

以下の点に注意するようにしましょう。

 

  • 保存状態が良いか
  • 着物買取専門店で買取を行う
  • 着物をまとめて買取に出す

 

村山大島紬の場合、

 

1点でも十分に買い取ってもらえる可能性は高くなります。

 

しかし着物買取は、

 

まとめて多くの商品を査定に出した方が、

 

高い買取に期待することできます

 

保存状態などが悪く、

 

買取に自信がないという場合は、

 

他の着物や小物などと一緒に査定に出すというのも一つの手となります。

 

また着物の場合、

 

リサイクルショップなどで買取査定に出すと、

 

素材としての価値しか価格に反映されないケースが多くなります。

 

村山大島紬は、

 

着物としてのブランド力がありますので、

 

査定はなるべく着物買取専門店に出した方が良くなります。

 

関連記事