江戸小紋の買取

 

着物を高く買い取ってくれる

着物買取ランキングはこちら

江戸小紋の買取

江戸小紋,買取

 

小紋」とは、

 

全体に細かい模様の入っている着物のことを指します。

 

訪問着や付け下げのように、

 

模様の上下が定まっていないという点にも特徴があります。

 

一般的に小紋は、

 

正装用として使用することはできないのですが、

 

一部正装として着用できるものがあります

 

それが「江戸小紋」です。

 

江戸小紋が生まれたのは、

 

名前からも分かるように、

 

江戸時代になります。

 

当時の大名は、

 

裃の模様の豪華さを張り合うことが盛んに行われており、

 

次第に江戸幕府から規制をかけられるようになりました。

 

そこで大名たちは見た目は無地に見えるが、

 

よく見るとその美しさが分かるような模様として、

 

江戸小紋が誕生しました。

 

その後、

 

各大名で使用する模様も固定化され、

 

「鮫」「行儀」「通し」「大小あられ」「縞」は、

 

江戸小紋五役と呼ばれるほど、

 

江戸小紋においては有名な模様となります。

 

江戸小紋という名前が付けられたのは、

 

昭和時代に入ってからの事です。

 

その当時、

 

小紋には、

 

京小紋、加賀小紋と有名なものがあり、

 

それらと区別するために江戸小紋と名付けられるようになりました。


 

江戸小紋の買取

 

重要無形文化財としても知られる江戸小紋は、

 

高い買取価格となる着物の一つ」となります。

 

しかし江戸小紋も、

 

物によって価格がかなり異なるものです。

 

買取を行う際は、

 

以下の点に注目するようにしましょう。

 

  • サイズが大きいこと
  • 伝統工芸品であること
  • 保存状態が良いということ

 

江戸小紋の場合、

 

伝統工芸品以外にも、

 

大量生産を目的とした安価な小紋も存在します

 

自分の持っている江戸小紋が、

 

価値の高い物であるかどうかは、

 

証紙によって見分けることが可能となっています

 

証紙は、

 

産地や作家などを証明するための紙で、

 

高価な着物を購入した際は必ず付いてきます。

 

伝統工芸品であれば、

 

1点でも買取は十分に可能ですし、

 

高い買取価格を期待することも可能となっています

 

また、

 

保存状態が悪く、

 

価値のあまり高そうなものでない場合でも、

 

サイズが大きければ買い取ってもらえる可能性は高くなります

 

サイズが大きいと仕立て直しが可能となっており、

 

業者にとっても再利用が可能となるためです。

 

逆にサイズが小さい着物は、

 

買取価格が減少する可能性があります。

 

まずは無料査定に出して、

 

江戸小紋の価値を知ると良いと思います。

 

もしかしたら、

 

思いがけない価格を提示されるかもしれません。

 

関連記事

 

 

着物を高く買い取ってくれる

着物買取ランキングはこちら