無地の買取

 

着物を高く買い取ってくれる

着物買取ランキングはこちら

無地の買取

無地,買取

 

無地とは黒以外の一色に染められた着物の事を指します。

 

お宮参りや茶会、卒業式などの式典で着用することができます。

 

無地は他の着物と比較しても気軽に着ることのできるものですが、

 

色を抑えれば弔辞などでも着用することが可能です。


 

紋入れとは?

 

無地の着物には紋が入っていません。

 

一般的に紋の入っていない着物は街着感覚で着ることのできるものとなっています。

 

ですから、お茶会などの略礼装を必要とする場においては、無地に紋を入れるようにしましょう。

 

無地の良い点」は、抜き紋・色紋を行うことによって、着物の格を上げることができるということです

 

正式には3つ紋を入れ、気楽なお茶会であれば1つ紋でも問題ありません。

 

無地の買取価格はどうなのか?

 

着物はたくさんの種類があり、それぞれ格の違いがあります。

 

その中でも無地は比較的「格の低い部類」に入り、

 

他の着物と比べて当然買取価格も安くなります

 

買取専門店は他のお店、個人に転売するわけですから、

 

買い取る上での「価格上昇のポイント」は「高級品であること」そして「需要があること」です。

 

無地は元々の価格設定が低いため、買取価格は安いのです。

 

それでも無地は紋を入れることによって格を上げることができ、

 

非常に「自由度の高い着物」であるとも言えます

 

着物の中では幅広い用途で使用することのできるもので、需要は自ずと高くなります

 

そのため、質の良い無地であれば高く買取を行っているお店なども多く見られます

 

無地の買取を行ってもらう際は、次のことに注意するようにしましょう。

 

@素材が正絹であること

 

無地は元々の価格設定が低いため、

 

正絹は「買い取る上での絶対条件」とも言えます。

 

着物の多くはめったなことが無い限り買取を行ってもらえますが、

 

正絹素材でない無地は買取を断られるケースもあります。

A華やかさの有無

 

無地の買取を行う上で重要なことは「需要のある色であるか?」ということです。

 

無地の需要はお茶会、結婚式のような華やかな場が多くなります。

 

目立たない程度の華やかさを演出できる無地は、

 

未婚既婚を問わず着ることもでき、

 

大変需要の高い着物です。

 

好まれやすい色やデザインであるかということは、

 

無地においてはかなり重要なことです。

 

最後に「無地の利点」として、流行などに左右されないということが挙げられます。

 

元々地味目の色、デザインとなっており、

 

いつの時代にも好まれる傾向があります。

 

焦って買取に走る必要はないので、

 

じっくり検討することがベストです。

 

関連記事

 

 

着物を高く買い取ってくれる

着物買取ランキングはこちら