琉球絣の買取


琉球絣の買取

琉球絣,買取

 

琉球絣」の最大の特徴は、

 

600種にも及ぶ多彩な図柄にあります。

 

幾何学的なこれらの模様は、

 

琉球王府時代から伝わる「御絵図帳」をもとに作成されています。

 

また、

 

職人の感覚により、

 

現代的なオリジナルの模様も作られているため、

 

多彩な種類の模様となっています。

 

琉球絣は、

 

緯糸を経糸の間に投げ込んで織る、

 

昔ながらの技法を採用しており、

 

1日の作業で1メートルから2メートルしか織ることができません。

 

そのため、

 

生産数も少なくなっており、

 

着物としての価値も高くなっています。


 

琉球絣の歴史

 

14世紀ごろの琉球王府は、

 

他国との貿易が盛んに行われていました。

 

絣の技術においては、

 

中国、東南アジアの影響を強く受けていますが、

 

その中でも琉球独自の気候と風土にマッチした絣が作られるようになります。

 

薩摩藩の貢納布として琉球絣が献上されるほど、

 

琉球絣は非常に質の高い物とされており、

 

後の絣の技術の礎になりました。

 

現代の日本の3大絣とも言われる、

 

伊予絣、久留米絣、備後絣も、

 

この琉球絣の影響を強く受けています。

 

琉球絣の買取

 

日本の絣のルーツともなった琉球絣は、

 

丈夫な素材と、

 

落ち着いた素朴な味わいのデザインが、

 

多くの着物ファンを魅了しています。

 

人気の高い絣は、

 

それだけ需要も高く、

 

買取価格に反映されることになります

 

また、

 

昔ながらの製法を守って作られているため、

 

1反を織り上げるに多大な時間と労力がかかることになります。

 

大量生産にシフトしていく中で、

 

伝統的な製法を守り続けたからこそ、

 

現代でも根強い人気を誇っています。

 

そんな琉球絣を買取に出す際は、

 

以下の点に注意するようにしましょう。

 

  • 保存状態が良いということ
  • 証紙が付いているということ

 

本場琉球絣は必ず証紙が付いてきます。

 

着物の買取を行う上で、

 

この証紙は非常に大切なものとなっていますので、

 

買取査定に出す際は証紙を一緒に添付するようにしましょう

 

着物買取は、

 

通常複数の着物を一緒に査定に出した方が、

 

高い買取価格に期待することができます。

 

しかし、

 

琉球絣のような価値の高い着物」は、

 

1点であっても高価買取が可能となります。

 

自宅に着物が眠っていて、

 

使用する機会がない

 

着物の価値が分からない

 

という方でも、

 

まずは買取に出してみると良いと思います。

 

琉球絣のような着物の場合、

 

数十万円で買取が行われるケース」もあります。

 

関連記事