留袖の買取

最終更新日:2017年4月30日

留袖の買取

留袖,買取

 

留袖とは和服の一種で、

 

既婚女性が着用する格式の高い着物です。

 

西洋のイブニングドレスに相当するもので、第一礼装になります。

 

留袖の由来は江戸時代にまで遡ります。

 

若者が着る着物は振袖と呼ばれていましたが、

 

結婚を機に長い袖を短くし、

 

身八口を縫い留めるという習慣があったことから「留袖」と呼ばれるようになり、

 

ここから「留袖」が「既婚女性の礼装」という意味に転じました。

 

留袖は「黒留袖」と「色留袖」に分類することができます。

 

色留袖は地色が黒以外のものを指し、

 

着用目的に応じて紋を入れます。


 

留袖を着るタイミング

 

留袖は既婚女性が着る礼装という説明をしましたが、

 

色留袖に関しては既婚、未婚を問わず着ることができます。

 

色無地のように着られるシーンも多く、

 

結婚式、褒章、叙勲の伝達式、格式の高いパーティーなどでも色留袖の着用が可能です。

 

紋は紋無し、五つ紋付、三つ紋付、一つ紋付などがあり、

 

紋の数が多いほど留袖の格は上がります。

 

参加する式に応じて紋の数を変えることで、

 

どこでも着ることができます。

 

留袖の買取価格アップの条件

 

留袖は既婚、未婚を問わず着ることができる上にさまざまなシーンで利用することのできる着物となっています。

 

そのため需要はたくさんあるのですが、

 

買取価格はなかなか反映されにくい傾向」があります

 

色留袖と黒留袖では、

 

留袖」の方が「格式の高い着物」となっており、買取価格も多少高めに設定されています

 

留袖を高く買い取りしてもらうためには以下の条件を満たす必要があります。

 

  • 証紙が付いているか
  • 着物のサイズ大きい
  • 保管状態が良いこと
  • 素材が正絹であるかどうか

 

特に黒留袖の場合、

 

フォーマルな場で着る着物であるため、

 

シンプルで上品なデザインであることが条件に加わります。

 

買取専門店によって価格も多少変動しますので、

 

安かったからと言って諦める必要はありません。

 

需要と供給のバランスによっては高く買い取りしてもらえるケースもあります。

 

嫁入り道具として留袖を持っていくという家庭は今でもあると思いますが、

 

実際に使う場面が少ないというも事実です。

 

もし何年も使わずにタンスなどにしまってある場合は、

 

思い切って買取に出してみるというのも一つの手となります。

 

最近ではレンタルなどで留袖を借りるというケースも増えており、

 

自身で購入する必要は必ずしもありません。

 

「高く売れるうちに売る」という決断も大事になってきます。

 

関連記事

 

ペタ丸おすすめ!着物買取専門店!

留袖,買取

  • 当サイト1番人気
  • 24時間受付
  • 全国対応(一部地域を除く)!
  • 出張買取も可能!
  • 最短30分でご自宅に訪問!
  • 即現金化
  • 幅広い種類の買取に対応!
  • 査定員100人、コールセンタースタッフ約70人で査定対応!
  • 見積り料、出張料、査定料、予約後のキャンセル料が全て無料

買取プレミアム」とは、

買取を専門にしている専門店で、

着物以外にも切手や古銭、ブランド品などの買取もしています。

買取を軸に活動している専門店なので、

高価買取」はもちろん、

査定〜買取までの流れもスムーズにこなしてくれます。

着物買取は、

都会では活発ですが、

地方にはまだまだ普及していない状態です。

そのため、地方に住んでる人ほど買取査定が難しい傾向があります

しかし「買取プレミアム」は違います。

全国対応」で「出張買取」もしてくれるので、

重い着物をわざわざお店に運ぶ必要がありませんし、

その場で査定&現金化してもらえます。

他の買取専門店と比べても、

柔軟で幅広いサービスが期待できます。

また、実際に買取価格が判明するまで、

一切の費用がかかりません。

中には「初期費用」を躊躇って着物買取を諦めてる人もいるでしょう。

そんな人でも気軽に利用することができます。

買取プレミアムのレビュー記事はこちら!