紋付の買取

最終更新日:2017年6月02日17時02分

紋付の買取

紋付,買取

 

紋付とはその名の通り「家紋の入った着物」のことを指します。

 

単に紋付という場合は慣用的に男性の第一礼装である五つ紋の紋付羽織袴のことになります。

 

紋付には五つ紋、三つ紋、一つ紋などがあります。

 

五つ紋が最も格の高い正式な礼装となり、

 

次いで三つ紋、一つ紋と紋の数が減るに従って略式となっていきます。


 

紋付の歴史

 

紋付の起源は平安時代にまで遡ります。

 

当時の公家社会で装飾用に用いられていたのが紋で、

 

平安末期から鎌倉時代の武士の文化が始まるとともに、

 

旗印としての紋章に使うようになりました。

 

身分や階級を表すためにも使用され、

 

江戸時代に中期には有力な商人などが屋号と言う形で苗字を名乗るようになり、

 

それに合わせて家紋を作るようになりました。

 

そして明治時代になると庶民にも名字や家紋を持つことが一般化されるようになりました。

 

紋付は買い取りしてもらえるのか?

 

紋付は自分の家の家紋が入っているものです。

 

それは現代で言い換えれば、

 

自分の名字が着物に刻まれているのと同義です。

 

そのため、紋付は買い取りしてもらえるか不安に思う方も多くいると思います。

 

しかし実際の所、紋付でも買取は問題なく行ってもらえます

 

買い取る専門店の方からすれば家紋の有無はあまり気にならないようです。

 

実際、着物のレンタルを行った際にどこか知らない家紋が付いていたというケースはあるようで、

 

現代では家紋は一種のデザインとして利用される傾向にあるようです。

 

それでも「紋付は紋無しと比較すると買取価格が減少する傾向」にはあります。

 

紋付の着物は一般的に高級な素材であることが多くなります。

 

そのため、紋が入っていても買い取りしてくれる可能性は十分にあります。

 

あとは着物の保存状態や流行りのデザインであるかどうかによって値段は変わってきます。

 

格が高い=高価買取ではない

 

紋の数は格式の高さを表しています。

 

しかし、紋の数が多いからと言って買取価格も高くなるとは限りません

 

例えば、無地や留袖などは紋を入れることによって格式を高くすることができます。

 

場面に応じて格式を変えることができる点に着物の良さがある一方で、

 

紋の数と着物の質が必ずしも比例しているわけではないという点には注意が必要になります。

 

それでも紋付の着物はフォーマルな場で着ることができるものが多く、

 

質などはある程度保証されていると言っても良いと思います。

 

いらない着物が自宅にある場合は、

 

紋付であっても買取を行ってもらえますので、

 

是非「無料査定」に出してみてください。

 

関連記事

 

ペタ丸おすすめ!着物買取専門店!

紋付,買取

  • 当サイト1番人気
  • 24時間受付
  • 全国対応(一部地域を除く)!
  • 出張買取も可能!
  • 最短30分でご自宅に訪問!
  • 即現金化
  • 幅広い種類の買取に対応!
  • 査定員100人、コールセンタースタッフ約70人で査定対応!
  • 見積り料、出張料、査定料、予約後のキャンセル料が全て無料

買取プレミアム」とは、

買取を専門にしている専門店で、

着物以外にも切手や古銭、ブランド品などの買取もしています。

買取を軸に活動している専門店なので、

高価買取」はもちろん、

査定〜買取までの流れもスムーズにこなしてくれます。

着物買取は、

都会では活発ですが、

地方にはまだまだ普及していない状態です。

そのため、地方に住んでる人ほど買取査定が難しい傾向があります

しかし「買取プレミアム」は違います。

全国対応」で「出張買取」もしてくれるので、

重い着物をわざわざお店に運ぶ必要がありませんし、

その場で査定&現金化してもらえます。

他の買取専門店と比べても、

柔軟で幅広いサービスが期待できます。

また、実際に買取価格が判明するまで、

一切の費用がかかりません。

中には「初期費用」を躊躇って着物買取を諦めてる人もいるでしょう。

そんな人でも気軽に利用することができます。

買取プレミアムのレビュー記事はこちら!