結城紬の買取

 

着物を高く買い取ってくれる

着物買取ランキングはこちら

結城紬の買取

結城紬,買取

 

結城紬は、茨城県、栃木県を主な生産の地とする紬です。

 

奈良時代から続く伝統的な織物で、茨城県の結城市などで作らていたことからこの名が付けられました。

 

紬の中でも最高級品と称されるほどに格式の高いもので、国の重要無形文化財に指定されています。

 

国の重要無形文化財に指定される要件は以下のものとなっています。


 

  • 使用する糸はすべて真綿より手つむぎしたものとし、強撚糸を使用しないこと
  • 絣模様を付ける場合は手くびりによること
  • 地機で織ること

 

真綿とは、蚕の繭を煮て柔らかくして広げたものです。

 

空気をたくさん含むことによって温かく、そしてやわらかいという性質を持っています。

 

この糸を人の手によって紡ぎだすのは全国の紬の中でも結城紬だけとなっており、

 

これが最高峰の紬と称される大きな理由の一つとなっています。

 

結城紬の特徴

 

結城紬の特徴は何といっても軽くて暖かいということにあります。

 

柔らかな真綿を使用することにより独特の感触を生み出すことが可能となり、

 

着こなすほどに身体に馴染むという性質を持っています。

 

特に手の込んだものは2年以上かけて織り上げるものもあり、

 

生産できる紬の数がかなり制限されるため、価格もかなり高価な物となります

 

しかし、それだけ高い質となっているのも事実です。

 

結城紬は高価買取が可能

 

結城紬は紬の中でも言わずと知れた高級品です。

 

当然「買取価格はかなり高い」のですが、

 

結城紬の中でもランク付けがありますので注意が必要になります。

 

例えば重要無形文化財に指定されている「本場結城紬」は地機で織らなければならないという制約があります。

 

しかし、結城紬の中には高機で織られる紬もあり、

 

大量生産も可能となってるため、

 

販売価格も本場結城紬と比較すると安めに設定されます。

 

そのため買取価格も高機で織られた結城紬は安くなってしまいます

 

通常の紬と比較するとやはり高いのですが、

 

織り方などによっても結城紬の価格はかなり変動してきます

 

大島紬や牛首紬と並び日本三大紬とされるほどですから、

 

必ず証紙などの品質を保証するものが付いていますます。

 

これが無いと買取価格は大幅減額となる可能性があります。

 

自宅に結城紬があるという場合は、

 

高価買取となる可能性が非常に高いです。

 

証紙などがあれば素人の目からも分かると思いますので、買取に出すチャンスとなります。

 

着る機会がないという方は積極的に「無料査定」に出してみましょう。

 

関連記事

 

 

着物を高く買い取ってくれる

着物買取ランキングはこちら