絣の買取

最終更新日:2017年4月30日

絣の買取

絣,買取

 

(かすり)とは、

 

白地や藍染め地に十字や細かい線を散りばめた模様が特徴的な着物、

 

または絣糸を経糸、緯糸に使用して織りあげる技法のことを指します。

 

絣の有名なところとして「紬の柄」があります。

 

一般的に絣の模様が細かいほど高い技術を持っているとされており、

 

三大紬とされる「大島紬」「結城紬」は絣の模様が分からないほどに細かい織りとなっています。

 

絣の着物は木綿や絹で織りあげていることが多く、

 

通気性に優れているというメリットがあります。

 

そのため、夏などの暑い季節に重宝される着物です。


 

絣の歴史

 

絣の技術はインドで生まれたとされています。

 

そこから東南アジアに広まり、

 

琉球王府の交易の波に乗って沖縄に入ることになります。

 

絣の技法はそこまで古いわけではなく、

 

現在の経緯絣の技法が完成したのは、江戸時代から明治にかけてのことです。

 

特に大戦中の女性は着物を着ることが禁止されていましたが、

 

絣をもんぺとして仕立て直し、

 

ひと時の贅沢を味わっていたという経緯もあります。

 

現在では薩摩絣、久留米絣、米沢琉球絣、伊予絣と有名な絣はたくさんありますが、

 

それらは東南アジアから伝来した絣の技術を沖縄の風土に合わせて改良した独自の技術が基となっています。

 

模様が細かいほど買取価格が高くなる

 

絣は高い技術を要する着物となっており、

 

制作には多大な時間を要することになります。

 

このため、生産数も少なくなり、価格も上昇します。

 

絣の買取額が高くなるポイントは次のようになります。

 

日本三大絣であること

 

久留米絣、備後絣、伊予絣は日本三大絣と呼ばれており、

 

特に久留米絣は国の重要無形文化財に指定されています。

 

絣は技術の高さが着物の模様に表れるため、

 

同じ絣でもそれぞれ異なる特徴を持っています。

 

特に久留米絣は藍色の美しさと風合いに大きな特徴を持っており、

 

着るほどに肌に馴染みます。

琉球絣も高価買取が可能

 

日本における絣の基礎を築いた琉球絣は高い技術から高価買取となるケースが多く見られます。

 

多彩な柄が特徴の琉球絣は、

 

さまざまな素材を使用することによって、

 

場面に応じた着心地を実現しています。

 

これらの伝統工芸品は必ず証紙が付いていますので、

 

査定に出す際は一緒に提出するのを忘れないようにしましょう。

 

これらの絣は高級品であるため、

 

多少の傷みがあっても高価買取が可能となります

 

自宅に眠っている絣があれば、

 

是非「無料査定」に出してみてください。

 

関連記事

 

ペタ丸おすすめ!着物買取専門店!

絣,買取

  • 当サイト1番人気
  • 24時間受付
  • 全国対応(一部地域を除く)!
  • 出張買取も可能!
  • 最短30分でご自宅に訪問!
  • 即現金化
  • 幅広い種類の買取に対応!
  • 査定員100人、コールセンタースタッフ約70人で査定対応!
  • 見積り料、出張料、査定料、予約後のキャンセル料が全て無料

買取プレミアム」とは、

買取を専門にしている専門店で、

着物以外にも切手や古銭、ブランド品などの買取もしています。

買取を軸に活動している専門店なので、

高価買取」はもちろん、

査定〜買取までの流れもスムーズにこなしてくれます。

着物買取は、

都会では活発ですが、

地方にはまだまだ普及していない状態です。

そのため、地方に住んでる人ほど買取査定が難しい傾向があります

しかし「買取プレミアム」は違います。

全国対応」で「出張買取」もしてくれるので、

重い着物をわざわざお店に運ぶ必要がありませんし、

その場で査定&現金化してもらえます。

他の買取専門店と比べても、

柔軟で幅広いサービスが期待できます。

また、実際に買取価格が判明するまで、

一切の費用がかかりません。

中には「初期費用」を躊躇って着物買取を諦めてる人もいるでしょう。

そんな人でも気軽に利用することができます。

買取プレミアムのレビュー記事はこちら!