縮緬の買取


縮緬の買取

縮緬,買取

 

縮緬(ちりめん)」とは、

 

絹を平織にして作った織物の事を指します。

 

経糸に撚りのない平糸、緯糸に左右強撚りの生糸を使用して、

 

右撚りに2本、

 

左撚りに2本を交互に織り込みます。

 

精錬することによって糸が収縮し、

 

緯糸の撚りが戻って生地全体に凸凹状のシボが生まれます。

 

このシボが縮緬最大の特徴となっており、

 

シボがあることにより、

 

シワがよりにくく、

 

風合いに優れた深みのある色を醸し出すことが可能となっています。


 

縮緬の種類

 

縮緬にもたくさんの種類があります。

 

通常縮緬は絹を平織にしたものとなりますが、

 

ポリエステルやレーヨン素材を使用したものも存在します。

 

以下は、

 

縮緬の種類の一例になります。

 

変り無地ちりめん

 

特殊な撚糸を工夫して織りあげることにより、

 

縮みにくくシワになりにくいという特徴を持った縮緬です。

一越ちりめん

 

シボが美しく、

 

柔らかい風合いが特徴的な縮緬です。

古代ちりめん

 

左撚り2本、

 

右撚り2本を交互に織り込んで作り上げます。

 

シボが高く、

 

古代の白生地に似ていることからこのような名が付けられています。

金通しちりめん

 

縮緬に金糸を織り込んだものです。

 

金糸を用いることによって染まらずに光沢を放ち、

 

個性あふれる着物地と軟ります。

紋綸子ちりめん

 

綾織りの表と裏を使用して紋を出したもので、

 

付け下げや訪問着にしばしば使用されます。

 

縮緬の買取

 

縮緬は手が込んだ作りとなっており、

 

縮緬を使用して織られる訪問着や留め袖などは高い価値」となります。

 

また、

 

縮緬は着物だけにとどまらず、

 

小物などでも良く見かけます。

 

さまざまな用途があるからこそ、

 

縮緬には需要があり、

 

買取価格もその分反映されています。

 

縮緬の買取で高額を期待するのであれば、

 

高級縮緬を使用していることが第一条件となります。

 

縮緬には名産地があり、

 

特に丹後の縮緬は有名で、

 

着物や小物にはかなり高価となります。

 

高級な縮緬は手触りが良く、

 

着心地もよいため、

 

価格に反映されやすくなります。

 

  • 丹後ちりめん
  • 福井春江縮緬
  • 浜ちりめん

 

これらは伝統工芸品に使用されるだけでなく、

 

縮緬としての価値も高いので要注目です。

 

これに加えて縮緬の保存状態は非常に重要となります

 

素材そのものの縮み、

 

凸凹の風合いを大切にしているものですので、

 

保存状態が悪いとすぐにシワなどができてしまい、

 

場合によっては買取を断られる可能性もあります

 

買取を行う際には、

 

状態が良いか?」しっかりと確認するようにしましょう。

 

関連記事