色無地の買取

 

着物を高く買い取ってくれる

着物買取ランキングはこちら

色無地の買取

色無地,買取

 

色無地とは和服の中で柄のない黒以外の着物のことを指します。

 

色無地の用途は多岐に渡っており、色無地の場合は略礼装や準礼装として着ることが可能となっています。

 

その際は紋を入れることによって格式を高めます。

 

1枚で吉凶両方に着用できるというメリットもあり、非常に使いやすい着物となっています。


 

色無地は紋付きでも買取できる

 

色無地は模様もなく非常にシンプルな着物です。

 

言い方によってはとても地味であり、

 

こんな着物では買取に出せない」と考える人も多く見られます。

 

しかしそれは間違いです。

 

色無地は、「締める帯、色、紋などによって使う場面を変えることができる着物」です。

 

そのため、非常に需要が高く、買取なども積極的に行われています

 

しかし色無地にはさまざまな色があり、

 

色によって価格差が生じる可能性はあります

 

また、色無地を買取に出す際は、以下の点に注意する必要があります。

 

@シミ、色落ちに注意が必要

 

着物全般として、シミや色落ちのある着物は買取価格下落の要因となりますが、

 

その中でも色無地は、シミや色落ちにとても影響を受けます。

 

色無地は柄がないため、色落ちやシミが非常に目立ちやすく、

 

長い期間保管するだけでも劣化が目立ってしまいます。

 

保管する際には湿気などに注意を払いながら保管する必要があります。

A紋付でも買取はできる

 

色無地の格式は紋を入れることによって上げることができます。

 

紋を入れると買取ができなくなるのでは?」と考える方もいると思いますが、

 

買取してもらうことができます。

 

ただし、一般的に紋付と紋なしでは紋付の方が買取価格は下落する傾向にあります

 

それでも色無地は一般的に着られる場面が多く、

 

柄もないため流行もほとんどなく、

 

安定した買取を実現することが可能となっています。

 

色無地でも有名作家による作品というのはあるもので、

 

証紙などとセットで買取に出すことでさらに高額での買取ができるかもしれません。

 

その他にもサイズが大きいことも買取価格を上昇させる上でとても大事な要素です。

 

また、いくら着物であっても素材が良くないものに関しては買取を断られる可能性があります。

 

高価買取を期待できるのは「正絹素材のみ」と言っても過言ではありません。

 

以上の点に気を付ければ、基本的に色無地の買取は可能となってます。

 

嫁入り道具として持ってはきたものの、

 

使用する機会がないという方は、

 

思い切って「無料査定」に出してみてはいかがでしょうか?

 

関連記事

 

 

着物を高く買い取ってくれる

着物買取ランキングはこちら