色留袖の買取

 

着物を高く買い取ってくれる

着物買取ランキングはこちら

色留袖の買取

色留袖,買取

 

色留袖と黒留袖は着用する場面が異なります。

 

着物の格は全て紋の数で決まります。

 

結婚式などの重要な席においては5つ紋を付け、黒留袖を着用します。

 

黒は最高級の儀礼をもって着用する色とされており、

 

黒留袖は5つ紋を付ける最も格式の高い留袖となります。

 

一方で色留袖は5つ紋であれば黒留袖と同格とされているのですが、

 

格式が高すぎてそれを着用する機会がかなり限られます。

 

逆に紋の数を1つや3つにすることによってパーティなどの気軽な場においても着ていくことができますが、

 

その分、格式は低くなります。

 

黒留袖は既婚者の第一礼装とされていますが、

 

色留袖は既婚者も未婚者も両方着ることができます。


 

色留袖は需要が高く買取が可能なケースが多い

 

色留袖は着物の中でも買取が成立しやすい物の一つです

 

それは色留袖を着用する機会が非常に多く、

 

需要が高いためとなっています。

 

色留袖は黒留袖よりも格式の低い着物となっていますが、

 

だからといって買取価格が安いとは限りません。

 

紋の付けようによって格式の高い着物に変化させることができるので、

 

買取価格が高くなることもあり得ます。

 

紋付でも色留袖は買い取りしてもらえるのか?

 

紋付の色留袖はそれぞれの家紋が入ることになります。

 

そのため、買取してくれるか不安になる方も多いと思いますが、

 

実際に紋付の買取を行ってくれるケースは多くあります

 

ただし、紋付だと紋無しと比較して多少買取価格が下落する傾向があるので注意です

 

関連記事

 

 

着物を高く買い取ってくれる

着物買取ランキングはこちら