袋帯・丸帯の買取

最終更新日:2017年6月02日17時02分

袋帯・丸帯の買取

袋帯,丸帯,買取

 

帯には着物と同様、格があります。

 

着物に応じて帯を変えることで、着物の格をさらに向上させることも可能となっています。

 

ここでは帯の中でも「袋帯」と「丸帯」を紹介していきます。


 

袋帯

 

幅八寸二分(31cm)、長さ一丈一尺(4m17cm)以上の帯です。

 

昭和に入ってから丸帯に変わって流行の兆しを見せた帯で、

 

綿や金襴などの格式高い柄は礼装用として使用することができ、

 

軽めの柄はオシャレ用として使用することができるなど、

 

非常に幅広い用途に向いています。

 

袋帯は帯全体に柄がある「全通柄」か六割に柄がある「六通柄」が主となっていますが、

 

お太鼓部分と前帯にだけ柄があるも「お太鼓柄」あります。

丸帯

 

幅一尺八寸(70cm前後)、長さ一丈一尺五寸(4m前後)以上の帯です。

 

表にも裏にも模様が描かれており、総重量は3kgにも及びます。

 

重厚さと華やかさを併せ持つ帯で、江戸時代には大人気を博しました。

 

江戸時代の丸帯には芯を全く入れずに、自由に帯結びを楽んでいた背景がありますが、

 

明治から昭和の初期の丸帯には芯の入ったものが多くなり、

 

風格のある二重太鼓が結べました。

 

袋帯・丸帯だけでも買取価格は十分つく

 

丸帯」はその豪華なデザインから礼装などに合わせる帯として流行しました。

 

このため丸帯は最も格式の高い帯とされており、価格にもそれが影響されています。

 

しかし、時代と共に丸帯の文化は少なくなってきました。

 

それは丸帯の重量が重く、とても扱いにくいものとなってきたためです。

 

現在では袋帯が丸帯に変わって人気を博しており、昔と比べると丸帯の需要は減っているのが事実です

 

それでも丸帯は今でも取引が行われていますので、

 

自宅に眠っているという方は「無料査定」に出してみると良いと思います。

 

袋帯」に関しては、さまざまな用途で使用することができるというメリットを持っており、その需要は高くなる一方です

 

袋帯単体でも買取に応じてくれるお店は多く、

 

5000円〜15000円」で取引が行われることが多くなります。

 

もちろん未使用品であったり、状態のとても良い品であったりすると買取価格は向上することになります。

 

著名デザイナーや有名な産地の帯である場合は、

 

さらに価格に期待することができると思います。

 

たかが帯」と思うかもしれませんが、実は着物と同じくらい高値で取引がされています

 

家にたくさん帯が保管されているという方は、

 

無料査定」に出してみると意外な値段が付くかもしれません。

 

関連記事

 

ペタ丸おすすめ!着物買取専門店!

袋帯,丸帯,買取

  • 当サイト1番人気
  • 24時間受付
  • 全国対応(一部地域を除く)!
  • 出張買取も可能!
  • 最短30分でご自宅に訪問!
  • 即現金化
  • 幅広い種類の買取に対応!
  • 査定員100人、コールセンタースタッフ約70人で査定対応!
  • 見積り料、出張料、査定料、予約後のキャンセル料が全て無料

買取プレミアム」とは、

買取を専門にしている専門店で、

着物以外にも切手や古銭、ブランド品などの買取もしています。

買取を軸に活動している専門店なので、

高価買取」はもちろん、

査定〜買取までの流れもスムーズにこなしてくれます。

着物買取は、

都会では活発ですが、

地方にはまだまだ普及していない状態です。

そのため、地方に住んでる人ほど買取査定が難しい傾向があります

しかし「買取プレミアム」は違います。

全国対応」で「出張買取」もしてくれるので、

重い着物をわざわざお店に運ぶ必要がありませんし、

その場で査定&現金化してもらえます。

他の買取専門店と比べても、

柔軟で幅広いサービスが期待できます。

また、実際に買取価格が判明するまで、

一切の費用がかかりません。

中には「初期費用」を躊躇って着物買取を諦めてる人もいるでしょう。

そんな人でも気軽に利用することができます。

買取プレミアムのレビュー記事はこちら!