袴の買取

 

着物を高く買い取ってくれる

着物買取ランキングはこちら

袴の買取

袴,買取

 

には大きく分けて「女性のスカートのような形をしている行灯袴」と「又が途中で分かれている馬乗り袴」の2種類があります。

 

元々は「馬乗り袴」が正装で行灯袴が略装としての位置づけとなっていましたが、

 

現在ではどちらを着ても問題ないとされています。

 

馬乗り袴の方が見た目も良く、動きやすさにも長けています。

 

一方で「行灯袴」は又が分かれているため、

 

座禅を組むときなどに足が楽になるというメリットがあります。


 

袴は男性だけのものではない

 

かつては男性の正装であった袴も現代では女性がはいているシーンを多く見かけます。

 

これは「女袴」と呼ばれ、明治時代に考案されたものです。

 

宮中の女官をしていた下田歌子氏が華族女学校専用の服装として考案されたとされており、

 

多くの女性が袴をはくきっかけになりました。

 

女袴はトイレで困らないように行灯袴とするのが一般的です。

 

昭和時代に入るとスカートなどの西洋の文化が入り、

 

女袴を着用する機会は減ることになります。

 

袴の買取

 

袴にはいくつかの種類があり、場面に応じて使い分ける必要があります。

 

近年では成人式や卒業式など女性がはくイメージの強いものとなっており、

 

晴れ着として欠かすことのできないものです。

 

オシャレ着として袴を着用することは少なくなりましたが、

 

記念すべき式典では今でも着用することはあり、

 

ある程度の需要はあるということになります。

 

そのため袴は質の高いものが多く、高価買取もある程度見込むことができます

 

しかし、袴も着物全般と同様以下のポイントをおさえる必要があります。

 

証紙はあるか
傷みや汚れが少ないか
きちんとした素材を使用しているか

 

袴の買取は専門の鑑定士にみてもらわないと、その価値を見出すことはできません。

 

リサイクルショップなどでも買取を行うことはできますが、

 

それではただの衣類としての買取となり、

 

袴として付加価値が付くことはありません

 

袴の多くは良い素材を使用している場合が多く、「値段も高め」となっています。

 

着物の専門買取」を行っている専門店であれば、

 

ある程度の買取価格は見込むことができると思います。

 

もちろん状態の悪いものに関しては大幅な買取価格の減額につながる可能性はあります。

 

しかし、家で保管しているだけなのであれば、

 

買取に出した方が経済的にもお得です。

 

「袴を処分したい」と思っている方も、

 

試しに「無料査定」に出してみるといいかもしれません。

 

どんなに状態が悪くとも、

 

無料で引き取ってくれるくらいの対応はしてもらえると思います。

 

関連記事

 

 

着物を高く買い取ってくれる

着物買取ランキングはこちら