西陣織の買取

 

着物を高く買い取ってくれる

着物買取ランキングはこちら

西陣織の買取

西陣織,買取

 

西陣織」とは、

 

京都の先染め織物をまとめた呼び名となっています。

 

京都においては、

 

平安時代以前より織物の生産が盛んに行われていました。

 

西陣という名は、

 

応仁の乱で山名宗全がこの地に陣営を置いたことにより、

 

以後呼ばれるようになったとされています。

 

西軍の陣地跡で発展した絹織物であるから、

 

西陣ということです。


 

西陣織の特徴

 

日本の代表格とも言える織物である西陣織は、

 

フランスのリヨン、

 

イタリアのミラノと並んで、

 

世界的高級絹織物の名産地として知られています。

 

西陣織の特徴は、

 

多色の糸を使用することによる美しい模様です。

 

また、

 

西陣織は先染め織物となっています。

 

これは、

 

染色した糸を使用して織るもので、

 

主に緯糸で模様を織り出しています。

 

西陣織を織るための織り機は主に3種類あります。

 

手機(てばた)

 

ジャガードを使用して職人が織る方法で、

 

現在ではコンピューターを駆使してジャガードに指令を出し、

 

織られることが多くなっています。

力織機(りきしょっき)

 

自動織り機を使用して、

 

緯糸の挿入や打ち込みなど自動で織るものです。

綴機(つづれはた)

 

伝統的に行われている方法が綴機で、

 

全ての工程が手作業により行われます。

 

職人の腕と多大な時間を要するもので、

 

織物としての価値も最も高くなります。

 

西陣織の買取

 

西陣織りの帯や着物は、

 

中でも人気の高いものの一つとなっており、

 

買取価格も非常に高くなっています

 

その多くは帯となっていますが、

 

中には着物の制作を行っている所もあり、

 

自宅に眠っているという方は、

 

買取査定に出してみると良いと思います。

 

西陣織は制作に多大な労力がかかるため、

 

一般的には高級織物とされています。

 

リサイクルショップなどでも十分な買取価格を望むことができますが、

 

着物買取専門店などでは、

 

さらなる高価買取に期待できる可能性があります

 

高価買取のポイントは以下になります。

 

  • 保存状態が良いということ
  • 綴機を使用した伝統的な織り方を使用していること

 

西陣織のデザインは、

 

彩豊かなものからシンプルなものまでさまざまなです。

 

伝統的な織物であるため、

 

流行にあまり左右されない傾向があり、

 

いつでも高価買取に期待することができます。

 

織り方の中でも綴機を使用すると、

 

生産数も少なくなり、

 

希少価値も高くなります。

 

西陣織などの高級織物になると、

 

1点からの買取も十分可能となっています。

 

まずは査定に出して、

 

いくらになるか確かめてみると良いと思います。

 

関連記事

 

 

着物を高く買い取ってくれる

着物買取ランキングはこちら