訪問着の買取

 

着物を高く買い取ってくれる

着物買取ランキングはこちら

訪問着の買取

訪問着,買取

 

訪問着とは、未婚、既婚を問わず着ることのできる着物で「絵羽模様」の社交着となります。

 

絵羽模様とは格の高い模様の一つで、

 

訪問着の他に似も留袖、振袖などにも付けられることがあります。

 

格に関しては色留袖に次ぐフォーマルな着物となっており、

 

パーティーや結婚式、食事会などさまざまな場面で着ることができます。

 

色留袖などと同じで紋の有無によって格を上げ下げすることができ、

 

そのため用途が多岐に渡っています。


 

訪問着と付け下げの違いとは?

 

着物に関する疑問でよく聞くのが「訪問着と付け下げの違い」です。

 

まず訪問着は着物の縫目に関係なく柄が描いてあります。

 

一方で付け下げは反物ですので、

 

柄が縫目にかからないように描いてあります。

 

訪問着は大胆で大きな絵柄が描いてある傾向にあるのに対し、

 

訪問着は小さな絵柄が全体に散りばめられているケースが多くなります。

 

訪問着は需要が高く買取に有利

 

着物の買取で重要なことは「需要が高いこと」です。

 

需要が高くないと買い取りしても売ることができず、専門店は損をすることになります。

 

その点で「訪問着は着る場面の多い着物のひとつ」で、

 

非常に需要が高くなります

 

そのため、買取価格がアップしやすい傾向があります。

 

さらに買取価格をアップさせたい場合は、

 

以下の条件に着目してください。

 

有名作家の作品や伝統工芸品であること

 

有名作家の作品は付加価値がつきやすく、

 

値段にも大きく反映されます。

 

特に人間国宝の作品であったり、

 

生産数が極端に少ない訪問着の場合はプレミアが付くこともあります。

 

もし有名作家などが分からない場合でも、

 

証紙などがあれば把握することができると思います。

サイズの大きな訪問着であること

 

買い取った訪問着はサイズの関係で着られる人が制限されます。

 

しかし、サイズが大きいと仕立て直すことができるため、

 

多くの需要にこたえることができます。

 

そのためサイズの大きな訪問着の方が買い取りしてもらえる可能性は高くなります。

保存状態が良いこと

 

着物はきちんと保管していないとすぐに傷んでしまうものです。

 

ずっとタンスに入れたままにしていた場合は、

 

一度着物全体を確認してみる必要があります。

 

10年以上経過している着物などは減額の対象となる可能性があります。

 

訪問着の需要は高く、

 

多少古い着物でも買い取りしてもらえます。

 

自宅に使用していない訪問着がある場合は、

 

無料査定」に出してみると良いかもしれません。

 

関連記事

 

 

着物を高く買い取ってくれる

着物買取ランキングはこちら