読谷山花織の買取


読谷山花織の買取

読谷山花織,買取

 

14世紀ごろ、

 

琉球王国は他国と積極的に貿易を行っており、

 

その中の一つとして、

 

中国から「読谷山花織」のルーツともなる技術が伝えられました。

 

それ以来、

 

琉球王国では、

 

「読谷山花織」という名前で独自の成長を遂げ、

 

受け継がれてきました。

 

しかし、

 

読谷山花織は一度、

 

衰退の一途をたどることになります。

 

これは明治時代中頃からの時代の流れによるものですが、

 

沖縄戦争を契機に、

 

読谷山花織は「幻の花織」とまで言われるようになりました。

 

しかし、

 

1964年に読谷村の有志によって、

 

読谷山花織の復興を行う活動が盛んになりました。

 

当時は愛好家でしたが、

 

次第に発展を遂げ、

 

現在では沖縄県指定無形文化財として、

 

全国にその名を残しています。

 

読谷山花織の特徴は、

 

色糸で浮き出す幾何学模様です。

 

花のように美しい模様は図柄に立体感をかもしだし、

 

素材の良さと手作りの温かさも加わって、

 

人気を博しています。


 

読谷山花織の買取

 

独特な色使いと幾何学模様が生み出す読谷山花織は、

 

読谷村を中心に独自の発展を遂げてきました。

 

現在では沖縄県の指定無形文化財となるほど、

 

着物としての価値も非常に高い物となっています。

 

読谷山花織は、

 

1点からの買取も可能となりますので、

 

自宅で眠っているという方は迷わず査定に出してみると良いと思います。

 

ちなみに、

 

読谷山花織の買取価格が高い理由」には、

 

以下の要因があります。

 

  • 歴史的、芸術的価値が高い
  • 1反の作製に時間を要する

 

歴史的、芸術的価値の高い着物は、

 

当然買取価格にも反映されることになります。

 

もちろん、

 

このような着物は、

 

リサイクルショップなどで買取を行うと、

 

高価買取に期待できない可能性もあります。

 

リサイクルショップは、

 

何でも買取ができる一方で、

 

希少価値は評価されにくいという性質を持っています。

 

着物の場合は、

 

着物買取専門店などがありますので、

 

読谷山花織を買取査定に出す場合は、

 

着物の価値が分かるお店に出すのが一番です。

 

また、

 

読谷山花織は生産数も少なく、

 

希少価値の高い物となっています。

 

読谷山花織は近年、

 

着物以外にも、

 

トートバッグやポーチといった、

 

現代的な小物の制作も行っています。

 

着物買取専門店では、

 

このような小物は買取の対象外となる可能性もありますので、

 

注意が必要になります。

 

まずは無料査定を行うことによって、

 

買取価格をある程度把握することができます。

 

関連記事