足袋の買取


足袋の買取

足袋,買取

 

足袋」は、

 

和装の際にはく衣類となります。

 

木綿の布で作られたものが一般となっていますが、

 

現在では化学繊維などの製品も数多く見られます。

 

下駄や雪駄、

 

草履などを履く際に用いられるため、

 

親指とその他の指とでつま先が2つに分かれています。

 

足袋本体の底にゴムを貼りつけ、

 

靴のように使用するタイプも存在し、

 

地下足袋と呼ばれています。


 

足袋の歴史

 

文献上は11世紀となっていますが、

 

明確な起源などはわかっていません。

 

初期の旅は皮製であったとされていますが、

 

1657年に起きた振袖火事によって皮が品不足となり、

 

これを契機に木綿性の足袋が数多く生産されたとされています。

 

足袋の種類

 

皮足袋

 

皮製の足袋で、

 

江戸時代初期までは一般的に使用されていました。

 

耐久性に優れ、

 

柔軟で動きやすいという特徴をもっていたため、

 

武士などが積極的に履いていました。

白足袋

 

改まった服装を着用する際に用いられていますが、

 

儀式用や正装用と言うわけではありません。

 

平服から礼服まで、

 

幅広く使用することができるという特徴を持っています。

黒足袋

 

男性が平服の際に用いる足袋です。

 

一説によると白足袋のように汚れが目立たず、

 

経済的であることから考案されたともされています。

 

足袋の買取

 

足袋の買取はあまり身近に感じないかもしれませんが、

 

着物買取専門店を中心に、

 

買い取ってくれるお店は非常に多いです

 

最近ではオシャレの一環として足袋を使用する方も多く、

 

未だに足袋の需要は高くなっています。

 

しかし全ての足袋を買い取ってくれるわけではありません

 

買取を実現するためには、

 

以下の点に注意するようにしましょう。

 

足袋の素材

 

同じ足袋でも値段の高い物、

 

安い物とさまざまあります。

 

特に素材に関しては、

 

買取を行う上でとても重要な要素となります。

 

足袋は主に、

 

化学繊維と木綿の2種類があり、

 

当然木綿素材の方が買取価格は高くなります。

 

場合によって、

 

化学繊維の足袋は、

 

買取を断られる可能性がありますので注意が必要です。

新品であること

 

足袋の場合、

 

一度使用してしまうと、

 

買い取ることができない場合が多くなります。

 

直接肌に着用するものですので当然となりますが、

 

買取査定に出す際は、

 

新品のものを選択するようにしましょう。

まとめて査定に出して買取額を上げる

 

足袋の値段は高級と言ってもある程度限られています。

 

そのため、

 

単品で買取に出すよりも、

 

ある程度の数量で査定に出した方が、

 

価格は高くなる傾向にあります。

 

関連記事