金糸の買取

 

着物を高く買い取ってくれる

着物買取ランキングはこちら

金糸の買取

金糸,買取

 

金糸」とは、

 

金箔などを糸に巻き付けたものを指し、

 

織物や刺繍に度々用いられます。

 

芯になる糸に、

 

細く裁断したフィルムを等間隔に巻き付けています。

 

金糸と言うと、

 

すべてが金でできていると想像するかもしれませんが、

 

芯は普通の糸となることが多く、

 

金が使用されるのは表面のみとなります。

 

また種類も多数あり、

 

本金糸、

 

ソフト金糸など、

 

種類に応じてそれぞれ特徴を持っています。


本金糸

 

本金箔を使用して製作されている金糸です。

 

純度の高い金箔を使用することによって、

 

光沢の美しさ、

 

輝きは他の金糸よりも優っています。

 

製作工程においては、

 

職人の手作業による部分が大きくなります。

ソフト金糸

 

一般的に多用されている金糸です。

 

着物や帯、

 

ストールなどに使用されており、

 

年月を経ていくうちに錆び、

 

酸化することもあります。

 

金の純度

 

金には純度というものがあり、

 

同じ「金」でも、

 

その価値は大きく変わる可能性があります。

 

例えば純金と呼ばれるものは、

 

純度が99.99%以上となるものに限られ、

 

一般に24金と呼びます。

 

一方で18金は、

 

アクセサリやジュエリーにしばしば用いられますが、

 

これは純金の配合率が75%程度となります。

 

18金などは、

 

純金の他に銅やアルミニウムを配合しています。

 

これは、金単体では強度が弱く、

 

傷つきやすいためです。

 

銅やアルミニウムを加えることによって、

 

強度を上げることが可能となります。

 

金糸の買取

 

金糸は、

 

着物買取などの他に、

 

金などの買取を扱っているお店」でも買取を行うことが可能となっています。

 

ただしその場合、

 

単純に金という素材としての価値しか買取価格には反映されません

 

金糸の買取価格は業者によっても異なり、

 

お店選びは非常に重要」となります。

 

また最初にも説明したように、

 

金糸は全てが金でできているわけではありません。

 

内部は通常の糸となっており、

 

金糸も種類によっては金の割合が少ないケースもあります。

 

金糸の買取をする際の注意点

 

金糸の買取を行う際は、

 

以下の点に注意するようにしましょう。

 

  • 金糸の種類(本金糸など金の使用量が多い場合は高価買取が期待できる)
  • 金の純度(金の純度が高いと、その分買取価格もアップする)

 

金糸単体での買取の場合は、

 

多くが金という素材に対する価値となり、

 

付加価値は付きにくくなります。

 

一方で、

 

安定した買取価格を期待することができる

 

というメリットもあります。

 

自宅に金糸が眠っている場合は、

 

買取を行うことが可能となります。

 

使用しないのであれば、

 

買取に出すのも一つの手となります。

 

関連記事

 

 

着物を高く買い取ってくれる

着物買取ランキングはこちら