銘仙の買取


銘仙の買取

銘仙,買取

 

銘仙」とは、

 

平織の絹織物のことを指します。

 

大正時代から昭和にかけて、

 

女性の普段着として着用され、

 

次第に全国へ普及するようになりました。

 

銘仙の特徴は、

 

色の境界が見える柔らかい見栄えです。

 

経糸と緯糸を交互に組み合わせて織るのですが、

 

そこで意図的に経糸の色と緯糸の色をずらすことで、

 

境界がぼけるような仕上がりになります。

 

斬新なデザインや色使いが多く見られ、

 

普段着物を着ない若者にも好まれる着物となっています。


 

銘仙の種類

 

銘仙にはいくつかの産地があり、

 

それぞれ銘仙の特徴に違いがあります。

 

  • 足利銘仙:鮮明度の高い質感の斬新なデザインが特徴
  • 伊勢崎銘仙:草花模様、絣柄が大きな特徴
  • 桐生銘仙:絣柄と小柄が特徴
  • 秩父銘仙:光る質感と縞模様が特徴的
  • 八王子銘仙:変わり織に特徴がある

 

中でも足利銘仙は高い生産数を誇り、

 

数ある名産地の中でも全国一となっています。

 

斬新なデザインや手ごろな価格、

 

多くの宣伝により、

 

誰でも気軽に着ることのできる着物となりました。

 

銘仙の歴史

 

銘仙の源流は、

 

屑繭や玉繭からとった太い糸を緯糸に用いた丈夫な縞織物で、

 

主に自家用として用いられていました。

 

明治期の縞柄の流行によって、

 

地方で本格的に生産されるようになり、

 

伊勢崎、桐生(群馬県)、秩父(埼玉県)、足利(栃木県)、八王子(東京都)では特に生産数が多くなりました。

 

大正の中ごろには、

 

「解し織」の技術が発明され、

 

銘仙の生産は一新されました。

 

この技法により、

 

たくさんの色を使用した複雑な柄も効率よく生産することが可能となり、

 

現在のような若者に好まれる斬新なデザインなどの銘仙も作られるようになりました。

 

銘仙の買取

 

銘仙は、

 

誰でも気軽に着られるような手軽な着物として普及しており、

 

着物自体の価格も比較的安価」である傾向にあります。

 

そのため、

 

着物買取専門店などでないと買取できないケースもあります

 

銘仙の高価買取を実現するポイントは以下になります。

 

  • 保存状態が良いか
  • アンティークの銘仙であるか
  • 着物買取専門店で買取依頼を行う

 

保存状態に関しては、

 

どの着物であっても同じことが言えます。

 

また、

 

銘仙は大正時代に流行の兆しを見せた着物であり、

 

現在ではその生産量は減少する傾向にあります。

 

アンティークの銘仙は希少価値が高くなっていますので、

 

買取を行うチャンスとなります

 

しかし、

 

希少価値の高い物は、

 

その価値をきちんと心得ている業者に依頼しないと、

 

買取価格が下がる可能性があります

 

その点、

 

着物買取専門店であれば、

 

安心して買取を依頼することができます。

 

関連記事