長襦袢の買取

 

着物を高く買い取ってくれる

着物買取ランキングはこちら

長襦袢の買取

長襦袢,買取

 

襦袢(じゅばん)とは、

 

アラビア語の「ジュッバ」がポルトガル語化した言葉である「ジバゥン」を音写した言葉となります。

 

着物を着る際の下着として、

 

元禄時代に「長襦袢」が登場し、

 

縮緬や絞りのものなど多数作られるようになりました。

 

当時幕府は、

 

贅沢禁止例を敷くようになり、

 

派手な見た目はご法度となっていましたので、

 

内側に着る襦袢などに気を遣う人々が増え、

 

発展を遂げたとも考えられます。


 

襦袢の種類

 

襦袢には種類があり、

 

以下のものがあります。

 

肌襦袢

 

長襦袢、半襦袢の下に着用する肌着となります。

 

晒しなどの綿生地で製作されることが多く、

 

中にはガーゼなどでできているものもあります。

 

肌に直接触れるものであるため、

 

肌触りには特に気を遣っています。

半襦袢

 

長襦袢よりも丈が短く、

 

洗濯がしやすいという特徴を持っています。

 

江戸時代前期では、

 

半襦袢が正式な襦袢と考えられていました。

長襦袢

 

現在において一般的に使用されてる襦袢です。

 

背広で例えると、

 

ワイシャツやブラウスに相当するものとなっています。

 

長襦袢の買取

 

長襦袢は、

 

着物の下着に相当するものですので、

 

通常買取は難しくなっています。

 

しかし、

 

着物買取専門店などにおいては、

 

着物と一緒に出すことによって、

 

買取を行うことができるケースもあります

 

また、

 

物によっては、

 

デザインや織り方に凝っている長襦袢もあります。

 

そのような場合は、

 

長襦袢単体でも高い買取価格を実現することが可能となります。

 

長襦袢の高価買取のポイントは以下のようになります。

 

  • 長襦袢の状態が良いこと
  • デザイン性に富んだ襦袢であること(特に男性用は重宝される)
  • 着物と一緒に買取に出すということ

 

長襦袢は下着となるため、

 

通常買取は難しいように思われますが、

 

着物を着る上で長襦袢は必需品となるものです。

 

そのため、

 

着物とセットで買取に出せば、

 

長襦袢の買取価格を上げることができます

 

男性用の長襦袢は、

 

女性用の長襦袢と比較して、

 

デザインに富んだものが多く、

 

高い買取価格となるケースは多くなります。

 

第一条件は着物買取専門店に出すということ。

 

また、

 

汚れなどのない状態の良い長襦袢」であることは必要になります。

 

自宅に眠っている着物などがある場合は、

 

長襦袢と一緒に買取に出してみると良いと思います。

 

一緒に出すことによって、

 

長襦袢の買取が可能となるだけでなく、

 

着物の買取価格を向上させることができるかもしれません

 

関連記事

 

 

着物を高く買い取ってくれる

着物買取ランキングはこちら